INTRODUCTION

ユダヤ人300名を動物園の地下に匿いその命を救った、勇気ある女性の感動の実話。本当に大切なものを見つめる心、命の輝きを描いた映画史に刻まれる、珠玉の名作が誕生。

ドイツ占領下のポーランドで自ら経営していた軍需工場に労働者としてユダヤ人を雇い入れ、その身柄を保護し救ったオスカー・シンドラー。ナチスに迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、彼らの亡命を手助けし「日本のシンドラー」と呼ばれた外交官・杉原千畝。

彼らと同じように、ナチス支配下の悲惨な状況の中、自らの危険を冒してでも、ユダヤ人の命を救った夫婦がいた。それは第2次世界大戦中のワルシャワで動物園を営む、ヤンとアントニーナ夫妻だ。彼らは、ナチスに追われたユダヤ人を動物園の地下に匿い、300人もの命を救うという奇跡を起こす。

「すべての命は等しく、すべての命は守られるべきものである」
アントニーナの行動は、絶望の淵へ立たされたユダヤ人たちを勇気づける希望になった。そして、世界各地における民族対立、紛争、テロ、ヘイトスピーチが後を絶たない今日においても、この物語は、人間の尊厳を見つめ直すことの重要性を私たちに問いかけている。

アントニーナ・ジャビンスカの類まれなる動物的な感性、人も動物も母性で包み込む深い愛情、強い信念に触れた時、私たちの心は深い感動と余韻に包まれる―。

本作は、ダイアン・アッカーマンのノンフィクション作品「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房)を映画化。そして今回、主演と共にエグゼクティブプロデューサーを務めたのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』で第70回 ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞を受賞し、『オデッセイ』など話題作への出演が続くジェシカ・チャステイン。「人間の皮を脱ぎ捨てて、動物の眼でまわりを眺めてみるのが大好きだった。そこから彼らが何を見、感じ、恐れ、感知し、記憶しているのか、どんなことに関心を持ち、どんなことを知っているのか、直感を働かせてよく書き留めていた」(原作より一部抜粋)というアントニーナ・ジャビンスカの特徴をとらえ、ライオン、象、シマウマ、ウサギなど様々な動物たちとのリアルな触れ合いを通して、その母性溢れる優しさを表現している。ジェシカは「彼女の勇気ある行動、プライドと文化を失わないように努めたことに感銘を受けた」と語り、撮影前には、アントニーナの娘、テレサに会い直接話を聞いたり、またワルシャワ動物園も訪問。「母はどんな状況であっても自分が今何をすべきか直感的にわかっていた」というテレサの言葉を胸に役作りに挑み、アントニーナ・ジャビンスカという強い信念を持つ女性を現代へと再び蘇らせている。

STORY

「この場所で、すべての命を守りたい」

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。
しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。
動物園の存続も危うくなる中、アントニーナはヒトラー直属の動物学者・ヘックから「あなたの動物を一緒に救おう」という言葉と共に、希少動物を預かりたいと申し出を受ける。寄り添うような言葉に心を許したアントニーナだったが、ヤンはその不可解な提案に不信感を募らせていた。
ヤンの予感はまさに的中し、数日後、立場を一転したヘックは「上官の命令だ」という理由をつけて、園内の動物たちを撃ち殺すなど残虐な行為に出る。

一方でユダヤ人の多くは次々とゲットー(ユダヤ人強制居住区)へ連行されていく。その状況を見かねた夫のヤンはアントニーナに「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をする。
ヤンの作戦は、動物園をドイツ兵の食料となる豚を飼育する「養豚場」として機能させ、その餌となる生ごみをゲットーからトラックで運ぶ際に、ユダヤ人たちを紛れ込ますというものだった。人も動物も、生きとし生けるものへ深い愛情を注ぐアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。連れ出された彼らは、動物園の地下の檻に匿われ、温かい食事に癒され、身を隠すことが出来た。しかし、ドイツ兵は園内に常に駐在しているため、いつ命が狙われてもおかしくない。アントニーナの弾くピアノの音色が「隠れて」「静かに」といった合図となり、一瞬たりとも油断は許されなかった。
さらにヤンが地下活動で家を不在にすることが続き、アントニーナの不安は日々大きく募る。それでも、ひとり”隠れ家“を守り抜き、ひるむことなく果敢に立ち向かっていくのだが—。

  • ストーリー
  • ストーリー
  • ストーリー

CAST

  • Jessica Chastain
  • Daniel Brühl
  • Michael McElhatton
ジェシカ・チャスティン

アントニーナ ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

1977年、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。ジュリアード音楽院の演劇部門を卒業後、舞台を中心に活動。テレビドラマシリーズ「ER緊急救命室」(04)、「ヴェロニカ・マーズ」(04)などに出演後、『Jolene(原題)』(08/ダン・アイアランド監督)<未>でスクリーンデビュー。その後、『ツリー・オブ・ライフ』(11/テレンス・マリック監督)で、ブラッド・ピットの妻役に抜擢され、同作はカンヌ国際映画祭でパルムドールに輝く。その後、『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 (11/テイト・テイラー監督)で第84回アカデミー賞助演女優賞にノミネート、『ゼロ・ダーク・サーティ』(12/キャサリン・ビグロー監督)で第70回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)受賞、第84回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、映画女優としてのキャリアを確実に重ねている。その他の主な出演作品に、『インターステラー』(14/クリストファー・ノーラン監督)、『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』(15/J・C・チャンダー監督)、『オデッセイ』(16/リドリー・スコット監督)、『クリムゾン・ピーク』(16/ギレルモ・デル・トロ監督)、『スノーホワイト/氷の王国』(16/セドリック・ニコラス=トロイヤン監督)などがある。今後の待機作品として、『女神の見えざる手』(17/ジョン・マッデン監督)、『X-メン:ダーク・フェニックス(原題)』(18/サイモン・キンバーグ監督)などがある。

STAFF

  • 監督 ニキ・カーロ Niki Caro

    1966年、ニュージーランド生まれ。長編デビュー作の、日本人の夫婦に焦点を当てた『Memory & Desire』(98)<未>が1998年カンヌ国際映画祭の国際批評家週間に選出され、ニュージーランド映画テレビ賞で最優秀作品賞を含む4部門を獲得した。第2作目の『クジラの島の少女』(03)は、世界中で24を越える賞を受賞し、トロント国際映画祭(観客賞)、サンダンス映画祭(観客賞)など映画祭で高い評価を受けた。ケイシャ・キャッスル=ヒューズは、本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、当時13歳だった彼女は同部門ノミネートの史上最年少記録を作った。『スタンドアップ』(05)はアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、BAFTA(英国アカデミー)賞、放送映画批評家協会賞、サテライト賞、全米映画俳優協会賞などで、シャーリーズ・セロンは最優秀主演女優賞候補に、フランシス・マクドーマンドは最優秀助演女優賞候補に挙げられた。その他の作品に、『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』(09)、『McFarland, USA』(15)<未>などがある。最新作はNETFLIXの「アンという名の少女」(17-)で、「赤毛のアン」の物語を大胆に新しい切り口で描いた作品である。

  • 脚本 アンジェラ・ワークマン Angela Workman

    名門エール大学演劇学科で古典演劇の女優として学んだ後、本の脚色や脚本を書き始める。初めて書いた脚本『War Bride』(01)で、ジニー賞(カナダのアカデミー賞に相当)7部門で候補となり、そのうち2部門で賞を受賞。またロンドン国際映画祭にも正式に選出され、世界中の映画祭で上映される。ジョー・ベイカーの小説を脚色した『Longbourn』は、2017年秋から撮影が開始される予定。

  • 撮影 アンドリー・パレーク Andrij Parekh

    プラハ芸術アカデミー映像学部で映画撮影を学び、2003年にニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アートで美術学修士号を取得。ジェームズ・グレイ監督の『裏切り者』(00)で撮影監督のハリス・サヴィデスの助手をした後、20本近くの映画の撮影監督を担当。その他の作品に、『ハーフネルソン』(06/ライアン・フレック監督)、『ライフ・ドア 黄昏のウォール街』(08/オースティン・チック監督)<未>、『なんだかおかしな物語』(10/ライアン・フレック監督)<未>、『ブルーバレンタイン』(11/デレク・シアンフランス監督)、『ダークホース リア獣エイブの恋』(13/トッド・ソロンズ監督)、『グッドバイ・アンド・ハロー 父からの贈りもの』(14/ダニエル・アルグラント監督)、『ボヴァリー夫人』(14/ソフィー・バーセス監督)、『ワイルド・ギャンブル』(15/ライアン・フレック監督)<未>などがある。

  • 原作 ダイアン・アッカーマン Diane Ackerman

    アメリカ合衆国出身。エッセイスト、ナチュラリスト。主な著書に「感覚の博物誌」、「愛の博物誌」、「月に歌うクジラ」、「消えゆくものたち」、「庭仕事の喜び」などがある。

DIRECTOR'S INTERVIEW ニキ・カーロ監督インタビュー

Q.この映画は、ナチスドイツ占領下のポーランドを背景にしながらも、愛や、希望についても描いている様に思います。あなたにとって一番大事なメッセージは何でしたか?

私にとって一番大事だったことは、この映画では窮地に追い込まれながらも、300人の救われた人達がいたことを祝すと同時に、何百万人という亡くなった方達に敬意を表することだった。ジャビンスキ一家の物語を通して、ホロコーストを描きながらも、癒し、希望、心、それから人間性を描きたかった。

Q.この物語は現代の設定ではないですが、今の社会においても、実在した人物が窮地に追い込まれた時にどれだけ人に優しくなれるのか、ということから学ぶことは多いような気がします。今の社会へどんなメッセージを込めましたか?

アントニーナが私達に語りかけてくることは、ありきたりの人間でも偉大な変化をもたらすことは可能だということだと思うから。アントニーナは、キリスト教徒なの。だけど彼女は、本当にたくさんのユダヤ教の人達を救った。それが人間として正しいことである、という以外の理由は何もないのにね。そういう人間としての良識、偉大なる人間性が私が一番心を打たれたところだった。それに、この映画は今の世界において本当に意味のある作品だと思う。私が映画を作り始めた当初は、歴史を元にしたドラマを作っていると思っていた。だけど、結果的には現代映画になったと思う。今の社会に通じる物語があるから。この数十年間、ホロコーストを描いた映画でこの作品のように、今の時代を描いたことはなかったように思う。この映画で描かれているのは、30年代のポーランドで起きていたことだけど、でも2017年の現代にも同様のことが起きていると思うから。それはすごく残念なことだけど。

Q.この映画には今の若い世代への強いメッセージもあると思いますか?

あると思う。それにこれまで試写で映画を観たミレニアル世代の反応を聞いて、すごく嬉しく思っている。彼らは即座にこれが今自分たちが生きている世界のことだということに気付いてくれてたから。それに、本当の変化をもたらすのは彼らの世代なわけでしょ。だから、この映画をホロコーストについてより知っている大人の人達のみならず、若い世代の人達に観てもらえたら嬉しい。

Q.この映画が非常にユニークだと思ったのは、戦時下の作品でありながら、戦争のシーンは可能な限り少なくしてあるように思えたことです。それでいて映画の中に戦時下の緊迫感はあります。それについてはどれくらい意識した選択だったのでしょうか?

それは、思いきり意識したところだった。というのも、この映画で描きたかったのは、戦時下において、女性がどれだけ勇気のある行いをしたのか、どういう経験をしたのかということだったから。戦争というのは、男性にだけに起きたことではなくて、女性や、子供達やそして動物にも起きたことだった。だから脚本を書いている時も、映画化の計画をしている時も、アントニーナが作り上げたサンクチュアリを描くということにフォーカスすることが目標だった。もちろん彼女の夫も戦地に行くわけだから、そこに緊迫感はあるし、戦争のシーンも描いたけど、映画の大半は、この動物園の中に作られた彼女のサンクチュアリについてだった。実際、戦争シーンは、私の本編撮影の休日に撮影したくらいだった。セカンドユニットを連れて撮影したの。私とカメラマンで行ってね。それはそれで素晴らしかった。だけど、最も描きたかったのは、女性が経験した戦争についてだった。

Q.この映画は本を元にしているわけですが、あなた自身どのようなリサーチをしましたか?

リアルな映画を作りたいと思っていたから、すごくたくさんリサーチをした。ワルシャワ・ゲットーや動物園に足を運び、アントニーナの娘・テレサにも会った。それから、ワルシャワ・ゲットーについてのドキュメタリーもたくさん見た。当時の人生がどういうものだったのか可能な限り知りたくて、写真に写された人達の顔をしっかりと見ようとした。『シンドラーのリスト』、『ピアニスト』も見直したけど、この映画は過去の作品とはまったく違う視点から描かれている。しかもすごく新しい視点でもあると思うから、そこをすごく誇りに思っている。

Q.撮影は何日間だったのですか?

46日間。プラハでの撮影でした。

Q.家族は映画化に対してどのような反応でしたか?

すごく協力的だった。私も含めテレサ、ジェシカ、プロデューサー、脚本家など全員が女性だったんだけど、お互いみんな大好きだったし、信頼し合っていた。だから家族からも愛と、協力と、信頼しかなかった。この映画の試写を初めてしたのは2週間前で、ワルシャワだったんだけど、あまりに感動的だった。ジャビンスキ一家にとってのみならず、ポーランドの観客にとっても、私達がこの物語を”我が家“で上映したことがいかに感動的なことだったのか伝わってきたから。これはジャビンスキ一家の物語だけでなく、ポーランドについての物語でもあったの。上映する直前に、何か言って欲しいと言われて、私が話し始める直前に、私を紹介してくれた人が、「ちなみにあなたが今立っている場所は、ワルシャワ・ゲットーのあった場所です」と言ったの。「私達が今いる場所は、生きるか死ぬかの境界線だったわけです」とね。それを聞いただけで、胸が一杯になってしまって。あまりに多くの人達が苦痛を体験した場所で、この映画を上映するということにね。彼らの祖父母達が体験したことをこの映画で描いていて、正にその場所で上映していたわけだから。そんな体験をこれまで映画監督としてしたことがなかった。本当に特別な体験だった。

Q.ジェシカ・チャステインについて教えてもらえますか? 彼女はこれまでにも過酷な状況下における強い女性は演じてきましたが、この映画で初めてフェミニンな面を見せたと思います。

この映画で初めて彼女のソフトな面を見せられたと思う。彼女がいるシーンはすべて、マスター・クラスだったというくらいその演技は完璧だった。彼女は常に完璧に準備しているし、ものすごい勉強してきている。技術があまりに高い。勉強も伝統的な方法でしっかり受けてきているし。だけど、セットに来ると、それを初めて経験しているかのような新鮮さで演じてくれる。彼女を見ながら私もその瞬間を初めて体験し、観客も彼女を見ながらその瞬間を初めて見るというような新鮮な体験にしてくれる。その素晴らしさを言葉にすることはできない。あまりに優れた女優だと思うから。彼女は最高よ。

Q.実話の映画化に魅かれる理由を教えて下さい。

真実が何だったのかを見て、自分の持っている技術を使ってそれを再現することができるから、実話に魅かれるの。私が好きではないのは、私が監督だから、自分は何が一番なのかを何でも知っていると思うこと。私は、自分の人生以外の他の人の人生については何も分かっていない(笑)。だから、他の人達の実話を語ることで、人々の人生の真実を見つめることができる。それを、みんなと分かち合うことができる。

2017年3月19日 NY Essex Hotelにて
取材+翻訳:中村明美