ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命 COMMENT

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命 COMMENT

権力にも、時代の空気にも支配されない、あったかな一人の女性がいた動物園の愛の物語。感動した!女優ジェシカ・チャステインがすごい! 鎌田實(医師・作家) いつも傍らにいる家族、動物園の生き物達。朝の陽の中で平和な一日がいつものように始まる。突然ドイツ軍の進駐によりすべてが壊される。非日常の中でユダヤ人達の命、動物園の中の生き物を守るべく知恵を絞り、前向きに最悪の時を仲間の手を借り乗り切ったアントニーナ。大変に美しい感動と希望の物語です。 杉原美智(NPO杉原千畝 命のビザ 顧問) 今、この瞬間を精一杯生きる動物たち、動物をこよなく愛する動物園の人々、そして戦争に突き進む愚かな軍人。軍事統制下のポーランドを舞台に、多くのユダヤ人を救った動物園の勇気ある行動を通じて、それぞれの人生を際立たせ、命の尊さ、平和の大切さ、懸命に生きた人々の愛を見事に描いた感動の映画だ。 福田豊(恩賜上野動物園 園長) 戦争の犠牲を物語った『かわいそうなゾウ』で有名な上野動物園初代園長の古賀忠道は「動物園は平和の象徴である」と言った。ポーランドにも同じ悲劇と人間愛があったとは。動物も人も同等に愛する夫妻の存在がまさに平和の象徴である。 永井清(東京都多摩動物公園 園長) 実話をもとにしたワルシャワ動物園長夫妻の勇気と愛の物語。人の命・動物たちの命、その繋がりさえも時代に翻弄される。動物園は、人々の集う平和の象徴であってほしい。 日橋一昭(井の頭自然文化園 園長) 感動のラストでは涙がこぼれました。また戦火の中で動物園長と夫人がとった勇気ある場面では手に汗を握っていました。改めて動物園は平和の象徴であると実感し、いつか舞台となったワルシャワ動物園を訪れたいと思わずにはいられませんでした。 黒邉雅実(名古屋市東山動植物園 動物園長) 戦争によって人間は狂気に踊らされ、人間性を失いがちです。そうした恐怖の中にあっても、美しい心、そして希望は必ず存在します。弱き者に手を差し伸べ、人類愛を貫くことで、誰もがヒーロー/ヒロインになれるのだということを、この映画が教えてくれています。 リン・シュレーダー(赤十字国際委員会 駐日代表) 観た人だけが語れる面白さ…ジェシカ・チャステインの漂うような危うい存在は観る者の心を揺する。動物園の門を潜り新たな真実を知りました。風吹ジュン(女優) 動物園と云うと心和むはず、ところが戦争が惨い仕打ちを動物も人間もの命を容赦なく奪っていく・・・。ああなんと云う残酷。その中で主人公の優しさ、心底の女の強さに、ドキドキさせられながら、涙が溢れて止まらなかった。 海老名香葉子(エッセイスト) ドイツの侵略を受けたポーランドの悲劇。その中で虐殺の危機に曝されるユダヤ人を命がけで救おうとする人類愛溢れる主人公たち。場所は何と動物園。実話ながら奇想天外のストーリーとスリルで見る者を釘付けにする映画だ。 増田弘(平和祈念展示資料館 名誉館長)
権力にも、時代の空気にも支配されない、あったかな一人の女性がいた動物園の愛の物語。感動した!女優ジェシカ・チャスティンがすごい! 鎌田實(医師・作家) いつも傍らにいる家族、動物園の生き物達。朝の陽の中で平和な一日がいつものように始まる。突然ドイツ軍の進駐によりすべてが壊される。非日常の中でユダヤ人達の命、動物園の中の生き物を守るべく知恵を絞り、前向きに最悪の時を仲間の手を借り乗り切ったアントニーナ。大変に美しい感動と希望の物語です。 杉原美智(NPO杉原千畝 命のビザ 顧問) 今、この瞬間を精一杯生きる動物たち、動物をこよなく愛する動物園の人々、そして戦争に突き進む愚かな軍人。軍事統制下のポーランドを舞台に、多くのユダヤ人を救った動物園の勇気ある行動を通じて、それぞれの人生を際立たせ、命の尊さ、平和の大切さ、懸命に生きた人々の愛を見事に描いた感動の映画だ。 福田豊(恩賜上野動物園 園長) 戦争の犠牲を物語った『かわいそうなゾウ』で有名な上野動物園初代園長の古賀忠道は「動物園は平和の象徴である」と言った。ポーランドにも同じ悲劇と人間愛があったとは。動物も人も同等に愛する夫妻の存在がまさに平和の象徴である。 永井清(東京都多摩動物公園 園長) 実話をもとにしたワルシャワ動物園長夫妻の勇気と愛の物語。人の命・動物たちの命、その繋がりさえも時代に翻弄される。動物園は、人々の集う平和の象徴であってほしい。 日橋一昭(井の頭自然文化園 園長) 感動のラストでは涙がこぼれました。また戦火の中で動物園長と夫人がとった勇気ある場面では手に汗を握っていました。改めて動物園は平和の象徴であると実感し、いつか舞台となったワルシャワ動物園を訪れたいと思わずにはいられませんでした。 黒邉雅実(名古屋市東山動植物園 動物園長) 戦争によって人間は狂気に踊らされ、人間性を失いがちです。そうした恐怖の中にあっても、美しい心、そして希望は必ず存在します。弱き者に手を差し伸べ、人類愛を貫くことで、誰もがヒーロー/ヒロインになれるのだということを、この映画が教えてくれています。 リン・シュレーダー(赤十字国際委員会 駐日代表) 観た人だけが語れる面白さ…ジェシカ・チャステインの漂うような危うい存在は観る者の心を揺する。動物園の門を潜り新たな真実を知りました。風吹ジュン(女優) 動物園と云うと心和むはず、ところが戦争が惨い仕打ちを動物も人間もの命を容赦なく奪っていく・・・。ああなんと云う残酷。その中で主人公の優しさ、心底の女の強さに、ドキドキさせられながら、涙が溢れて止まらなかった。 海老名香葉子(エッセイスト) ドイツの侵略を受けたポーランドの悲劇。その中で虐殺の危機に曝されるユダヤ人を命がけで救おうとする人類愛溢れる主人公たち。場所は何と動物園。実話ながら奇想天外のストーリーとスリルで見る者を釘付けにする映画だ。 増田弘(平和祈念展示資料館 名誉館長)

(敬称略・順不同)